採用支援は求職者の強い味方です。採用支援が導入されている会社さんのケースと、そうでない場合のケースとでは、その会社の考え方などを学ぶ機会などや、保険などの営業方法、このようなやり方について、まったく右も左も分からないまま、現場へ行く、ということから離職者が相次いでしまう可能性が高いです。逆に、採用支援がしっかりと求職者の方に行われる、と分かっている企業ほど、離職率などが低く、また同時に新規で応募をされる方が、迷った際には、採用支援を行ってくれる会社さんを選ぶ、という傾向もあります。このことから、採用支援は求職者の方にとって、大変に心強い味方であると同時に、新卒などから入る人にとっては、人生を預けるような形にもなる、大変に貴重なものです。

採用支援で適性が分かることもある

これは、新規採用とは別の話であり、転職者の方向けの採用支援のサービスとなりますが、場合によっては、適職診断を行ってくれる、というサービスもあります。この場合であれば、仮に「今まで営業の仕事をしていたけれど、まったく数字がとれなかった。自分は仕事には向いていない」という落ち込みなどが激しい方や、「コピーなどの雑務などを任されたものの、それすらできなくて、クビになってしまった」といったような方に向けて、大変に心強いアドバイスを適性診断はくれることがあります。これというのも、適職診断・適性診断などの場合には、その人の適正などを性格に基づいて診断をしてくれるため、「コピーとり」ですら、苦手、逆に得意、などの違いがある、ということがしっかりと分かるようになっているからです。

適性診断・適職診断で自分に合った仕事を

採用支援の良いところは、このような適性診断や適職診断によって、自分にとって「あっている、またはあっていない」という仕事先が、はっきりとわかる、ということです。これらについては、あまりにも的中率が高いため、実際に今までの仕事でまったくうまくいかなかった方でも、自信を回復できることがとても多くあります。それというのも、仕事が続かなかった、またいくら努力してもダメだった理由は、性格などや思考パターンによるものであり、特に営業に関しては「いかに押しが強いか」などが出来る人、出来ない人、このように分類されるケースが多いためです。また、逆に他の人がかなりの不得意とするものを、簡単にやっていける人もおり、適性診断などは、次の仕事を決める上で、非常に重要な採用支援の一つとなっています。