今さら聞けない採用支援のサービス内容としては、かなりの多くの種類があります。これは依頼をしてくる会社さんやまたは自治体などの依頼者さんによっても内容が異なっていますが、基本的に採用支援サービスというものは、文字通りに「採用を支援する」というサービスであるため、例えば新卒者さんが仕事を末永くお勤めすることが出来るように、または雇用がまったく確保出来ない人が、1つの会社さんにでも内定をもらえるようにと、採用支援をしてくれるものになります。その内容に関しては、前者の場合には、業種にもよりますが基本的に接客業でしたら、接客サービスの基本を指導してくれることになりますし、後者であれば、まずは面接を突破出来ること、どのような態度、対応、仕草、このようなことが出来れば、採用につながるのか?などを支援してくれます。

採用支援サービスのおかげで内定がもらえた人もいる

実際のところ、採用支援サービスのおかげで、自分のどうしようもない短所を自覚できたと同時に、そちらを改善することによって、内定を得ることが出来た人もおられます。基本的に、まず、履歴書などの書き方から、最悪になってしまっている方もおられるため、自治体などが実施している採用支援サービスでは、このような履歴書の書き方、お手本、どのように書くべきかなどを具体的にアドバイスしてくださいます。そこから、一気に、書類審査を突破出来るようになり、この「履歴書の段階で落ちてしまう」ということがなくなります。そうすると、面接などが得意な方の場合には、その後の面接などまで行けば、内定をもらえるケースもあるため、採用支援サービスのおかげで、正規の社員としての仕事を得ることが出来た、と喜びの声を挙げている人もいるのです。

面接で落ちてしまう方への採用支援

学歴も申し分ない、一流の大学を出ている、また資格などもきちんと取得している、同時に性格も悪くない、そのような方であっても、面接で最終的に内定をもらえない、このような方がおられます。この理由に関しては、「面接」では、コミュニケーション能力を見ていると同時に、会社さんによっては「本当にうちの会社で働く気持ちがあるのか?」といった気持ちで、観察をされている方も、当然ながらおられます。これは、無駄に採用をしてしまうと、それだけ無駄なコストがかかってしまう、ということから、所謂「第二希望」であることを危惧しており、面接で落ちてしまう方は、そのような気持ちがなくても、うまく話せないことから「企業研究が足りない、うちは本命の会社ではない」と決められ、落とされてしまうことがあります。採用支援では、こうした方に向けて、心理学的なアドバイスをくれると同時に、しっかりとした指導をしてくれます。