採用支援には、大変に多くのメリットがあります。昨今では、少しずつ有名になってきている精神疾患に「統合失調症」というご病気があります。こちらは、軽度の場合には、支援がしっかりとしたものであれば、もともとの頭脳がとても明晰である頭脳派な方が多い、ということから、このような方を対象とした採用支援サービス、というものが、自治体などで行われているケースなどがあります。または、特定の病院などでボランティア的に依頼がされて、採用支援サービスを利用される、というケースもあるとされています。メリットとしては、上記のようにとても頭が良い方たちでありながら、人とのコミュニケーションに気を遣い過ぎてしまうあまりに、とても疲れてしまい、就職が出来ない、という点があります。このような方に向けて、採用支援サービスは、多くのアドバイス、支援などを行ってくれます。

精神疾患をお持ちの方と採用支援

精神疾患においては、実は100人に1人は、最低でも精神疾患をお持ちである、または持っていたことがある、とされています。昔よりも数が増加している背景には、日本がとても「働きづらい国」「成果主義の国」という、ある意味で仲間との戦い、営業の奪い合いの世界になってしまった、このようなことなどが挙げられる、とされています。そのため、精神疾患となってしまった方に向けての採用支援の場合には、人間不信となってしまい、被害妄想が大きくなってしまった方に向けて、心理学のプロの方やカウンセラーさんなどが企業とその方との間に入り、うまく仲介を行ってくれる、という支援サービスが実施されています。この採用支援のおかげで、人との付き合い方が上手になり、そのまま正社員として一流企業で働いている、という方もおられます。

採用支援を利用することで補助金が出ることも

よく知られていることかもしれませんが、基本的に、身体障害をお持ちの方、または精神疾患などをお持ちの方を雇用した場合には、その企業には補助金が国などから支給されるケースがあります。このため、採用支援サービスを利用し、優秀な方々を雇用しよう、という動きがあります。基本的に、精神疾患がある方の場合には、あまりにも優しすぎて、無理に働いてしまう、人から言われたことを無理やりにでも引き受けてしまいダウンしてしまう、という悲しい優しさがある、とされています。このようにならないために、採用支援では、その方にアドバイスを行うとともに、補助金などを利用して、心理カウンセリングなどを行ってくれる他、1人の精神疾患の患者さんに対して1人のカウンセラーさんを付ける、などのサービスを実施している、とされています。